◆内容: 平成27年9月、関東・東北豪雨により茨城県常総市とその周辺地域は甚大な水害被害を受けましたことはご承知のことと存じます。あれから2年が経とうとしている今、その体験や教訓を地域の防災・減災対策に生かしていく方策につき,関係機関で種々の取り組みがなされています。このことに関する産官学のひとつの取り組みを県内外の多くの方に知っていただくとともに,市⺠一人一人が何をなすべきかを考える機会として、下記のとおり「特別講演会」を開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

◆日 時 :2017 年 6 月 19 日(月) 15:00〜16:30(講演後の意見交換を含む)

◆場 所 :茨城大学 理学部 K 棟 1 階インタビュースタジオ(水戸キャンパス)
               (茨城県水戸市文京 2 丁目 1-1)(ページ下の図を参照してください)

◆主催:特定非営利活動法人 GIS 総合研究所いばらき(URL: http://www.gis-ibaraki.or.jp/)

◆後援:茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS) / 茨城大学水圏環境教育研究センター / 土木学会関東支部茨城会 /
茨城県建設コンサルタント協会

◆参加対象者:一般の方、自治体関係者、⺠間企業、大学関係者及び学生等

◆入場料 :無料

◆定 員 :80 名(事前登録制、申込先着順)

◆スケジュール :
14:45〜 受付

15:00〜 開会挨拶

15:05〜 講演『みんなでタイムラインプロジェクト』

〜水防災意識社会の再構築に向けて〜
http://www.ktr.mlit.go.jp/shimodate/shimodate00285.html

講演者:国土交通省関東地方整備局 下館河川事務所 所⻑ 里村 真吾氏

16:00〜 質疑応答

16:25 閉会挨拶

16:30 閉会

◆申込方法:
事前に下記までメール又は FAX にてお申し込みください。(FAXはこちらをご利用ください)
申込先(問合せ先) 特定非営利活動法人 GIS 総合研究所いばらき 事務局
メール:office@gis-ibaraki.or.jp FAX :029-255-2555

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.