茨城大学ICASは,文部科学省によるプロジェクト「気候変動適応技術社会実装プログラム(通称,SI-CAT)」に参画しています。
このプロジェクトは,自治体等が行う気候変動対応策に生かされるような影響評価や適応策に関する技術開発を目的としています。
ICASでは茨城県の農業を対象に,気候変動下の将来の影響評価とともに,その影響を低減するための有効な適応策について研究を行っています。
このたび「地域の気候変動適応白書」が刊行され,その一部をICASが担当しました。
関係者の皆さまをはじめ,行政や地域の方々に参考になれば幸いです。

「地域の気候変動適応白書」の公開ページ(外部ページ)

SI-CATプロジェクトのホームページ(外部ページ)

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.