ICASでは「沿岸域に関するサステイナビリティ・フォーラム」を開催いたします。

今回はスペインのパブロ・デ・オラビデ大学よりGonzalo Malvarez教授及びFatima Navas教授をお招きし、 沿岸域の気候変動影響と適応策に関するスペインと日本の最新の研究を報告し、今後の展望を議論します。

*本フォーラムは無事終了しました。当日の模様は、FBでご覧頂けます。

 

日時:2018年5月23日(水)13:30~15:30

場所:茨城大学水戸キャンパス環境リサーチラボラトリー棟1F ICAS講義室
Guest Speakers: Prof.Gonzalo Malvares & Prof.Fatima Navas

プログラム:
13:30    Opening
      Nobuo Mimura (President, Ibaraki University(IU))
13:45-14:15  Researches from Spain
      “Coastal Research at the confluence of the Atlantic and the
      Mediterranean: European perspective on coastal adaptation”
      Prof.Gonzalo Malvarez & Prof.Fatima Navas
      (Physical Geography Area. Universidad Pablo de Olavide, Sevilla, Spain)
14:15-14:50  Researches from Japan
      “Global impact assessment and adaptation in coastal area”
      Hiromune Yokoki (Professor, Department of Engineering, IU)
      “Resilient adaptation to climate change in the Asia-Pacific region”
      Makoto Tamura (Assoc. Professor, ICAS, IU)
      “Impact assessment and adaptation in low-lying coastal zones”
      Kazuya Yasuhara (Researcher/Prof.Emeritus, ICAS, IU)
14:50-15:30  Discussion
15:30       Closing

使用言語: 英語(English)

※入場無料・申込不要※ どなたでもご自由にご参加ください。

お問い合わせ:
茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)
電話:029-228-8787  FAX:029-228-8584
Mail:icas@ml.ibaraki.ac.jp


[画像はクリックで拡大できます]

 

Comments are closed.

Set your Twitter account name in your settings to use the TwitterBar Section.