更新中‼日越大学気候変動・開発プログラム(VJU-MCCD)インターンシップで来日

お知らせ
日越大学気候変動・開発プログラム(MCCD)の修士2年生20名、教職員2名が10月28日より茨城大学に最長2ヶ月間のインターンシップで来ています。直近では学生へのインタビュー記事を更新しました。どうぞご覧ください。 ☆///日越大学MCCDプログラムインターン…
もっと読む

茨城大学 令和元年度台風19号災害調査団

お知らせ
茨城大学はこのたび、「茨城大学 令和元年度台風19号災害調査団」を設立しました。被害の発生過程や農業・生態系への影響、避難の状況などを調査し、災害の状況の把握と地域の復旧・復興、今後の持続的な地域づくりに寄与することを目的とし、調査を進めていきます。 ICAS…
もっと読む

IPCC SROCC報告書の公開

お知らせ
9月25日にIPCC海洋・雪氷圏(SROCC)特別報告書が公開されました。  北極、南極、山岳氷河、氷床などの海洋、雪氷圏の観測値や知見が集まり、IPCC第5次報告書(AR5)よりも残念ながら海面上昇の予測値は上方修正されることになりました。 第4章では環境省…
もっと読む

研究者へのインタビュー(文科省SICAT「「茨城県における農業を主とした気候変動適応の推進体制構築及び汎用的な影響・適応策評価技術開発支援」

お知らせ
文科省SICAT「茨城県における農業を主とした気候変動適応の推進体制構築及び汎用的な影響・適応策評価技術開発支援」(2015-2019)に関して、農学部増冨准教授とICAS研究員の今井さんにインタビューを行いました。 気候変動が農業に与える影響とその対策、米に…
もっと読む

国内実践教育演習2019@常総市

お知らせ
8/30-9/2に常総市で実施された国内実践教育演習が茨城新聞に掲載されました。 国内実践教育演習では、8名の大学院生が鬼怒川のサイクリングロード計画と気候変動の農業影響の二つのテーマに分かれて調査を行いました。このうち、前者の取組について9月14日付の茨城新…
もっと読む