★大学院サステイナビリティ学教育プログラムの特色

教育プログラムの特色

2009年より開始した茨城大学大学院サステイナビリティ学教育プログラムは、全研究科横断型の教育プログラムです。低炭素社会や循環型社会、自然との共生など持続可能な社会をつくるための幅広い知識と専門 知識の両方を持った専門家の育成を目指しており、茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)やサステイナビリティ・サイエンス・コンソーシアム(SSC)と連携した教育活動を実施します。

  • 東京大学をはじめとするSSC参加大学との単位互換や共通の国際実践教育プログラムへの参加機会があります。

主専攻(コース)と副専攻(プログラム)

理工学研究科の都市システム工学専攻にサステイナビリティ学コース(主専攻プログラム)が設置されたほか、研究科ごとにそれぞれサステイナビリティ学プログラム(副専攻プログラム)が開設されています。

 

修了認定証

所定の単位を修得した大学院生には、所属専攻の修士号とともに「サステイナビリティ学コース/プログラム修了認定証」や「SSC共同教育プログラム修了認定証」が授与されます。

サスティナビリティ学プログラム