複数分野にわたる 世界全体での地球温暖化による経済的被害を推計

全球規模の気候変動と発展経路の違いによる経済影響を評価した論文がNature climate changeにて公表され、国立環境研究所(NIES)や本学等の共同名義でプレスリリースがありました。

https://www.nature.com/articles/s41558-019-0578-6
https://www.nies.go.jp/whatsnew/20190925/20190925.html

本論文は、環境省S-14の一環でNIESの高倉氏らが複数機関による複数分野にわたる経済影響を統合的に評価しました。ICASのメンバーは沿岸分野のデータを提供しています。