ICASの研究分野

茨城大学ICASは、アジア太平洋地域において気候変動適応科学やサステイナビリティ学に関する文理融合・学際的な研究・教育センターです。

2006年に設立され、2019年4月現在の国内外で多くの研究、教育活動を行っています。2018年度より従来の4研究部門制から、3研究部門(①地球システム研究、②農業・生態系研究、③人間・社会システム研究)と教育チームに再編されました。教員は3研究部門のいずれかに所属し、研究プロジェクト群毎に学部横断的な研究を実施しています。

ICASが参加している主な研究プロジェクトは下記の通りです。国内外を問わず「研究と教育の共進化」を図りながら、多面的な研究、教育を実践しています。

これまでの研究活動は「ICAS年報等」のページに詳しく掲載されています。最近の活動は、「ICAS2014-2018年度ICAS活動報告とその成果」にまとめられています。