日越大学気候変動・開発プログラム

茨城大学は、ベトナムのハノイに2016年9月より開校した日越大学気候変動・開発プログラム(MCCD: Master program on climate change and development, Vietnam-Japan University)の幹事校です。地球変動適応科学研究機関(ICAS)は、ベトナムをはじめとするアジア太平洋地域での研究、教育実績をさらに展開すべく、日越大学気候変動・開発プログラムの中心メンバーとして企画、運営に全面的に関わっています。

日本とベトナム両国政府の合意の下、日本の複数の大学が参加・協力して2016年9月に開校した日越大学(大学院サステイナビリティ学研究科)において、茨城大学は気候変動・開発プログラムの幹事校として参加しています。2016年5月に茨城大学とJICA(国際協力機構)との契約が完了し、本格的に準備が始まりました。茨城大学とベトナムの大学との間では、これまでハノイ人文社会科学大学(2007年~)、ベトナム国家大学(2010年~)と大学間協定を締結していますが、それに加えて本学が深く関わる大学が新たに誕生したことになります。

2016年9月から以下の修士課程6プログラムが開始しています。気候変動・開発プログラム(MCCD)は、日越大学の7番目のプログラムとして2018年9月より開始しました。各プログラムの修士課程は1学年20名の定員であり、日本とベトナムの教員が英語で最先端の講義、実習、研究を行います。修士2年生の半数は日本で2ヶ月ほどインターンシップや修士研究を経験できることも特徴です。

2018年に入学した第1期生はナイジェリア、ミャンマーも含む22名の学生が在籍しています。2019年に入学した2期生は、17名の学生が在籍しています。

  1. 地域研究:東京大学
  2. 公共政策:筑波大学
  3. 企業管理:横浜国立大学
  4. 環境工学:東京大学・立命館大学
  5. ナノテクノロジー:大阪大学
  6. 社会基盤:東京大学
  7. 気候変動・開発:茨城大学
  8. グローバルリーダーシップ:早稲田大学

近年ベトナム政府は、産業の高度化を担う人材育成の体制整備を急いでおり、すでにフランスやドイツの協力によるそれぞれの国際大学があります。それをさらに進展させるべく、日本の協力を得て最先端技術や高度専門教育システムを導入するための新たな日越大学の設立が、2014年に両国政府によって確認されました。日越大学は、ベトナム国家大学のメンバー大学として位置づけられ、ベトナムにとどまらず広くアジア各国から学生を受け入れて、持続可能な発展を担う優れた人材の育成が期待されています。

NEWS